強い雨風対策

風速20m~25mで窓ガラスが割れる

強い風雨で大きな被害をもたらす台風。風速20m~25m程度で、窓ガラスが割れる被害が出るといわれています。とはいっても、風(風圧)で窓が割れることはほとんどありません。
窓ガラスが割れるのは、強い風によって飛ばされてきた飛来物(小石やゴミなど)が窓ガラスに当たるからなのです。濡れたタオル1枚が風速20m~25mの風に乗って窓ガラスにあたると、割れることがあるそうです。

イメージ

台風接近時に窓ガラスが割れるとどうなる?

窓ガラスが割れて雨風が吹き込むと被害はますます大きくなります。
割れた窓から入り込んだ風は、出口を求めて家の中をかき回すように散らかし、ひどい時は、天井や壁を突き破ることもあるのです。

また、割れた窓ガラスなどでケガをするなど人的被害が生じることも。
具体的に、台風が接近しているなか窓ガラスが割れてしまうとどんな被害が起きるのでしょうか。
雨と風の両面からその被害を見ていきましょう。

雨による被害
  • 床一面に水たまりができ、畳や絨毯は使えなくなる
  • 窓から離れた場所にある本棚、クローゼット内までびしょ濡れになる
  • 電化製品が故障・漏電(感電する危険がある)
雨による被害
風による被害
  • 窓ガラスの破片が飛散する
  • 室内に外の小石やゴミなどが吹き込んでくる
  • 風圧によって天井板や室内ドアなどが破損する
    (屋根が吹き飛ぶこともある)
風による被害

台風や強い雨風から大切な家を守るには、まず何より「台風が来る前にしっかり対策をすること」。
そして、「窓ガラスなどの開口部をしっかり守ること」。それがポイントとなります。

外付ブラインド「ブリイユ」なら風速40mでも安心!

「ブリイユ」は、窓ガラスの外側を丈夫なアルミ素材で覆うことができます。それは風速40m(耐風圧試験)でも耐えることができる丈夫な構造なので、建物の弱い部分である窓ガラスなどの開口部をしっかり守ってくれます。

 

台風などの強い風雨の際にも、ブリイユが大切な住まいを守るのに役立ちます。

 

丈夫なアルミ製のルーバーだから安心

丈夫なアルミ製のルーバーだから安心

シャッターと同じアルミ製.jpg

ブリイユシリーズ

製品一覧はこちら

取り付け窓や、大きさ、用途に合わせて各種取り揃えております。
その他のモデルもご覧ください。

_banner_b-01.jpg _banner_c-01.jpg _banner_s-01.jpg _banner_j-01 (2).jpg

お問い合わせ・資料請求

「お問い合わせ・資料請求フォーム」または最寄りのショールーム、オイレスECO株式会社の営業所・拠点より承ります。

  • お問い合わせ・資料請求
  • ショールームのご案内
  • 営業所・拠点のご案内

ページトップへ

資料請求へ

資料請求